TOP>>G-COAT

G-COATについて詳しくご案内いたします

G-COAT施工画像01
商品名
G-COAT
耐久年数
15年以上
光沢
超光沢
特徴1
抜群のノンスリップ効果で
小さなお子様やご年配の方の歩行に超安心
特徴2
耐薬品性・優れた撥水効果で、衛生的な毎日を
特徴3
高級感やお部屋を明るく演出したい方に大人気
安全性
ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆取得

G-COATフロアコーティング施工画像02

床面に優れた保護・防汚性能を発揮し、高級感のある空間を演出いたします!

G-COATフロアコーティング施工画像03

施工技術者で仕上りが大きく変わるフロアコーティング

現在では、数多くの種類が流通しているフロアコーティングですが、中でも、導入実績年数、メーカーオプション取扱実績等、数多くの市場で見受けられるのが、シリコン系フロアコーティングです。

このシリコン系コーティングは、数年前、大手薬品メーカー様の、床コーティング業界参入の先駆けとなりましたコーティング技術でもあります。
業界でも一躍話題となりました。大手薬品メーカーの販売力、広告宣伝効果は絶大でしたが、実際に施工・工事を行うのは、技術者(人)となります。 結局、高性能の液剤を使用したとしても、生産ライン上での作業ではなく、私たちは現場に出向く作業となりますので、 日々現場の空調管理・工程管理等、現場管理者により、大きく差がでるのも、ハード系フロアコーティング=シリコンコーティングであります。

G-COATは、常温硬化にて優しく素材を包み込みような塗膜を形成します。 年齢層問わず、多くのお客様よりご指示いただいております。又、初期導入費用も、リーズナブルな価格設定となっておりますので、賃貸マンションの標準コーティングにも採用がはじまっております。 歴史あるコーティング技術となりますので、新築はもちろん、ご在宅いただいているご住宅での施工にも好評いただいております。

FSSCOATのG-COAT

G-COATフロアコーティング施工画像06

G-COATへのこだわり1

熟練の職人施工と
細かな集積データ管理に基づいた施工

フロアコーティングG-COATは、一般的に素材との密着をよくするプライマーコート剤、床材を強固に保護するシリコントップコートの2回の塗布作業で仕上げていきます。つまりは、職人技術の中でも大きく仕上がりを左右する塗布作業が2回ございます。弊社は熟練した職人施工はもちろんですが、どの職人がお伺いしても均一な最良質のコーティングをご提供できるように市場流通の素材、施工件毎の細かなデータ集積を毎日行い、職人事で共有しています。お客様の大切なご住宅にありきたりの作業を行わない、オンリーワンサプライヤーのポリシーを持った集団です。

G-COATフロアコーティング施工画像07

G-COATへのこだわり2

優しく包み込むような仕上がりをご提供

G-COATは、弊社の歴史と共に優しく育て上げてきた自信のcoating技術となります。導入初期、六本木ヒルズがグランドオープンを迎えておりました頃から、数回の改良を重ね、沢山のお客様へ感動と快適な生活の一部としてご提供してきました。G-COATの特徴は、何と言っても優れた撥水硬化と安全性となります。工程をしっかりと積み重ねすることで、強固なコーティング膜を形成します。材質を優しく包み込むような仕上がり感は、UV・ガラス系のコーティングとは別の質感となります。弊社は現場空調管理にこだわりを持っております。

G-COATフロアコーティング施工画像08

G-COATへのこだわり3

お客様からもご納得いただける最良の技術管理

最良の施工をするために必要な要素は「人(技術)・方法(マニュアル)・物(液剤、消耗品)」です。G-COATは、人・方法・物にこだわりを持ち続け歩んできました。 技術管理に余念なく日々取り組み、安心・安全の商品を納品致します。

弊社FSSCOATは、お客様のオンリーワンのご住宅へ、最良のオンリーワン施工をするべく、日々努めております。

G-COATの特徴

超撥水性

G-COATフロアコーティング施工画像09

コーティング層

G-COATフロアコーティング施工画像09

G-COATはこんな方に向いています


①水拭きや洗剤等でお手入れをしたい

フローリングは、水分に非常に弱く乾拭きしかできませんが、G-COAT膜により、汚れても水拭きできれいになります。


②安全な歩行と衛生面で快適に過ごしたい

G-COATは、滑りやすさを抑制する効果が高く、乳幼児から、ご年配の方まで、足を滑らせる恐れがありません。コーティング剤は、人体に優しい総合天然物質を使い、人体に無害なコーティングとなります。


③費用をなるべく抑えて長持ちさせたい

UV・ガラス・シリコン・アクリル・ウレタンの順が耐久順となりますが、コストも同順となります。やはり高技術者が施工する事が、最も重要です。

G-COATのメリットとデメリット

弊社はお客様とのお打合せの際に、良さばかりではなく、事前にそのデメリットもお伝えして、
お客様とご納得の上、最良の物づくりをさせていただいております。下記にその一例を記載いたします。

メリット


・高光沢コーティングで、部屋全体に高級感を演出することができる。
・塗膜性コーティング技術のため、築年数経過物件でも導入可。
・耐久15年程度の塗膜で塗り替えが可能。
・耐薬品性に優れており、ワックスのように日々のお掃除で溶けたり剥がれたりする心配がございません。
・滑り止め効果抜群です。小さなお子様から要介護世代まで安心、安全設計になっております。
・リーズナブルな価格設定は、大変ご好評いただいております

デメリット


・UVやガラスと比較すると表面摩擦に弱い。
・溶剤塗料を使用するため施工時にニオイが発生する。(硬化後は、ニオイは発生いたしません。)
・素材の硬さを変えるものではないため、重いものを落としたり、針のように尖ったものを引きずればキズはつく。