TOP>>無機質ガラスコーティング

無機質ガラスコーティングについて詳しくご案内いたします

無機質ガラスコーティング施工画像01
商品名
無機質ガラスコーティング
耐久年数
30年以上
光沢
マットな仕上がり
特徴1
made in Japan ガラス系フロアコーティング
最高級ランクの高性能フロアコーティングの決定版
特徴2
表面硬度 9H以上の対傷性
適度な防滑性は、幅広い年齢層に大人気
特徴3
職人による高技術施工で、満足のいく最高位保護膜形成
安全性
ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆取得

無機質ガラスコーティング施工画像02

硬くて美しい塗膜が、長くキレイに床を保護いたします

無機質ガラスコーティング施工画像03

素材との追随性に長けた「ナノコンポジット技術」により、素材の風合いを残したまま薄くて硬い塗膜を形成

ガラスコーティングの大きな特徴はその主成分「ケイ素」の結合により非常に薄くて硬い膜層を形成することです。 粒子よりもさらに細かい、ナノレベルの微粒子がもたらす、被膜層、素材の風合いを残して自然な仕上がりの半艶仕上げになります。 さらに、「ガラス」の響きが連想させる「割れ」や「ヒビ」ですが、弊社採用の無機質ガラスコーティングトップコートは高い追随性から素材の伸縮によっても傷むことなく、長くキレイに、より強く床材を保護いたします。

施工技術の業者選定

無機質ガラスコーティング施工画像04
無機質ガラスコーティング施工画像05

「良質」の上をいく、「上質」な塗料と施工技術の業者選定

「良質」とは、質の良いものを指します。高耐久のガラスコーティング液剤は「良質」なものが多いです。

特に、現在インターネットでもコーティング液剤を購入することもできますが、反面塗ってみて、思い描いていたものと違う、と後悔される方も少なくはないようです。 「良質」の一歩上の「上質」。良いものの中でもさらに上等品質の塗料と、確たる施工技術を持った職人施工で行うことで、本来の、強くて美しいコーティングが形成されるのだと思います。 大切なご住居を「上質な空間」にしてくれる業者選定をする上では、専門店であること、且つ多くの人から選ばれている施工実績とその蓄積データを多く保有していること、わからないことや施工する前のメリット・デメリットをはっきりと言えることなどが絶対条件になってきます。 弊社FSSコートは「上質」のもう一歩先の「最上質」な液剤と職人施工で「最上質」な空間を演出し続けます。

FSSCOATの無機質ガラスコーティング

無機質ガラスコーティング施工画像06

無機質ガラスコーティングへのこだわり1

多種多様な床材へも、
過去のデータに基づいて最上の施工!

「床材」と一口に申しても、その種類は多種多様です。フローリングだけでもシートフローリング、突板、無垢材等、クッションフロアやフロアタイルも含めると、塗布する対象の中には相性の善し悪しすらもございます。弊社では、1件毎の現場と向き合い、塗布する床材に最適な塗布量を当日の気温や湿度にも応じて算出、最先端の塗料を素材に適正な塗布量でご提供いたします。このデータ集積こそ、お客様1人ひとりへオンリーワン施工をご提供できる根拠として日々蓄積しております。

無機質ガラスコーティング施工画像07

無機質ガラスコーティングへのこだわり2

微粒子の結合による高い耐薬品性能
一般的なガラスコーティングは、酸に弱いと耳にします。しかしながら、ノロウィルス発生時に除菌効果として使用するハイター等の漂白剤に含まれる「次亜塩素酸」、こちらも保健所で推奨しているのはおおよそ原液の100~200倍。ペットボトルにするとキャップ1~2杯の次亜塩素酸に対して水満タンにするぐらいの量です。そのぐらいの濃度に対して、高濃度ガラスの微粒子結合はダメージを受けません。自社テストでは20倍原液24時間放置でもダメージの無い検証を得ております。

無機質ガラスコーティング施工画像08

無機質ガラスコーティングへのこだわり3

ガラス成分に加えたグリップ力
「硬い」=「滑りやすい」というのはイメージしやすいかと思います。弊社無機質ガラスコーティングの大きな特長は高濃度のガラス原液に加えた、独自配合のグリップ剤料です。「硬くて滑りにくい」ため、マットな質感で風合い崩さず、安心、安全に、ご家族皆様で使用いただける設計となっております。

弊社FSSCOATは、お客様のオンリーワンのご住宅へ、最良のオンリーワン施工をするべく、日々努めております。

無機質ガラスコーティング施工画像09
無機質ガラスコーティング施工画像10
無機質ガラスコーティング施工画像11

無機質ガラスコーティングのメリットとデメリット

弊社はお客様とのお打合せの際に、良さばかりではなく、事前にそのデメリットもお伝えして、
お客様とご納得の上、最良の物づくりをさせていただいております。下記にその一例を記載いたします。

メリット


・薄くて高い硬度の膜層が素材の風合いを崩さず長期間床面を保護いたします。
・市場流通しているシートフローリングにも施工可能で、低光沢の膜層は仕上がりとして落ち着いた高級感、キレイな木目を演出いたします。
・表面の硬度が最大9Hとなりますので、引きずりキズへの耐性も向上いたします。
・耐久30年の塗膜で中間コストがかかりません。
・耐薬品性に優れており、ワックスのように日々のお掃除で溶けたり剥がれたりする心配がございません。

デメリット


・一度塗布したものを剥がすことができませんので、元通りの状況に戻すことはできません。
・常温硬化の塗料となりますので、施工翌日は引きずる作業はオススメできません。
・溶剤系塗料を使用するため施工時にニオイが発生いたします。(硬化後は、ニオイは発生いたしません。)
・素材の硬さを変えるものではないため、重いものを落としたり、針のように尖ったものを引きずればキズはつきます。

上に戻る